インプレッサ(スバル)の値引き相場価格はいくら?

限界の値引き額を引き出す交渉術も解説

↓ インプレッサ(スバル)購入前に必ずチェックしておきたいポイント

>>インプレッサ(スバル)を大幅値引きで購入する方法はコチラのページで解説しています<<

インプレッサ(スバル)の価格

●1.6i リニアトロニック 2WD 1,554,000円

●1.6i リニアトロニック AWD  1,743,000円

●1.6i 5MT  1,690,500円

●1.6i-L リニアトロニック 2WD  1,711,500円

●1.6i-L リニアトロニック AWD  1,921,500円

●1.6i-L 5MT  1,848,000円

●2.0i リニアトロニック 2WD  1,858,500円

●2.0i リニアトロニック AWD  2,089,500円

●2.0i EyeSight  2,194,500円

●2.0i-S リニアトロニック 2WD  2,016,000円

●2.0i-S リニアトロニック AWD  2,247,000円

●2.0i-S EyeSight  2,352,000円

消費税込のメーカー希望小売価格です。

インプレッサ(スバル)値引きの実例

※価格.comの情報です。 これだけの金額値切れた人がいたということで、 自分が交渉する際の目安にしてください。

2011年モデルのインプレッサ スポーツだと 車両値引き額は、10万円から20万円くらいが相場のようです。 目標20万円、最低10万円で交渉に望むと丁度いいでしょう。 200万円を切れると気持ちいいんですけどね。

>>インプレッサ(スバル)をさらに大幅に値切る交渉術はコチラ

インプレッサ(スバル)のアイサイトver.2

スバルの運転支援システム、アイサイトver.2をご存知でしょうか。 衝突回避のためなどの安全装備です。 同じような装備は、SUBARUスバル以外の車にもありますが、 システムが違います。

他社は、ほとんどがレーザーや単眼のカメラを使ったシステムですが、 SUBARUが使っているのは、2つのCCDカメラ。 これがフロントウインドゥ内側に配置されています。

2つのカメラによって、右側と左側で微妙に差のある映像を認識。 その差が大きければ近くにあるもの、 小さければ遠くにあるものとして立体的に把握できるんです。 人間の視覚に近いということですね。

形状、移動速度などをも正確に認識することができるので、 白線やガードレール、さらに歩行者や自転車まで認識できます。

他社との比較でも、 一番進んでいるシステムの気がします。 どうせ、このようなシステムをつけるなら、 より安全性能の高いものを選びたいところです。

インプレッサ(スバル)の全車速追従機能クルーズコントロール

スバルの運転支援システム アイサイトver.2は、 衝突回避のためだけでは、ありません。 全車速追従機能クルーズコントロールというものがあります。

高速道路での渋滞の時などに役立つ、 先行車に追従走行してくれるという機能。 時速0kmから100kmのスピードで先行車についていき、 先行車が停まると、それに続いてこちらの車も自動的に停止します。

渋滞を歓迎する人は、いないでしょう。 長距離運転してきて疲れがたまっている上、 のろのろしか進まない。 アクセル、ブレーキが頻繁に必要になり、 イライラがたまります。 そんなストレスを少しでも解消してくれます。

白線、ガードレールもとに道路形状把握するので カーブでも大丈夫。 別の車線と同じ車線走っている車の識別できます。 物体の横方向の動きも捉えるステレオカメラなので、 別の車線から割り込んできた車にも、 素早く反応できます。

テクノロジーの進歩は、著しいものがあります。 人間の目や判断力なんて、不確かなもの。 その内、運転の全てを車に任せたほうが安全 なんて時代もやってきそうですね。

インプレッサ(スバル)の歴史(モデルチェンジ)

初代 GC/GF系(1992年-2000年)

2代目 GD/GG系(2000年-2007年)

3代目 GE/GH/GR/GV系(2007年-2011年)

4代目 GP/GJ系(2011年-)

1992年に発売を開始され、もう20年以上が経ち、 今は、4代目です。 現在は、撤退してしまいましたが、 インプレッサは初代から世界ラリー選手権(WRC)に 参戦していました。 その歴史も少しみてみましょう。

初代4ドア・グループA (1993年 - 1996年)

初代2ドア・ワールドラリーカー (1997年 - 2000年)

2代目4ドア・ワールドラリーカー (2001年 - 2008年)

3代目5ドア・ワールドラリーカー (2008年)

世界的不景気の影響もあって、 撤退してしまいましたが、景気がよくなってきたら、 また参戦なんてことは、あるんでしょうかねぇ…

インプレッサ(スバル)の名前の由来

IMPREZAインプレッサ。音の響きからは、 何か気高くカッコいいかんじもしますが、 どこからきているんでしょう。

英語には、IMPRESAという言葉があり、 ここからの造語。 (IMPRESA自体の意味は、「紋章」「金言」) 新しい時代に、新鮮な印象(IMPRESSION)を与える という意味も込めらたネーミングです。

4代目セダンのサブネーム「G4」というのは、 「本物の、正真正銘の」という意味の英語 「Genuine」の頭文字と、 4ドアの「4」からきています。

WRX(ハイパワーモデル)は、 WRCの「WR」と レオーネのスポーツグレードで採用された呼称「RX」 を足した造語。

XV(クロスオーバーモデル)は、 CrossoverでX-over。 X-over VehicleからのXVです。

単に分類わけのための英語よりは、 意味を知ると愛着がもてますね。

>>インプレッサ(スバル)をさらに大幅に値切る交渉術はコチラ

メニュー

【新車値引き相場価格はいくら?】限界の値引き額を引き出す交渉術も解説

トヨタの車種別値引き額情報

プリウスアクアカローラヴィッツクラウンヴェルファイアSPADE スペイドPASSO パッソVOXY ヴォクシーアルファードPorte ポルテエスティマNOAH ノアSAIWISH ウィッシュラクティスSIENTA シエンタ

ホンダの車種別値引き額情報

FIT フィットFreed フリードステップワゴンN BOXN-ONE エヌワンアコードオデッセイ

日産の車種別値引き額情報

NOTE ノートSERENA セレナDAYZ デイズMOCO モコエクストレイル

ダイハツの車種別値引き額情報

MOVE ムーヴMira ミラTanTo タント

スズキの車種別値引き額情報

ワゴンRSpacia スペーシアALTO アルトSWIFT スイフトSOLIO ソリオ

三菱の車種別値引き額情報

eK イーケイ

スバルの車種別値引き額情報

インプレッサフォレスター

マツダの車種別値引き額情報

DEMIO デミオCX-5AXELA アクセラ

車に関するコラム♪

自動車登録台数・軽自動車比率が全国一位の県はどこ?買い換えるとしたら新車、中古車どちら?中古車を高く売るためのチェックポイント下取りで車を売る時の価格アップ方法事故者でも買取に出せば値段が付く可能性が中古車の高値売却を考えて車の購入を考える中古車売却する場合に気を付けておきたいこと販売力がある会社で車買取してもらう

クレカで公共料金の支払い