ヴェルファイア(トヨタ)の値引き相場価格はいくら?

限界の値引き額を引き出す交渉術も解説

↓ ヴェルファイア(トヨタ)購入前に必ずチェックしておきたいポイント

>>ヴェルファイア(トヨタ)を大幅値引きで購入する方法はコチラのページで解説しています<<

ヴェルファイア(トヨタ)の価格

●3.5Z“G EDITION” 2WD  4,280,000円

●3.5Z 2WD 7人乗り  3,770,000円

●3.5Z 4WD 7人乗り  3,959,000円

●2.4Z “G EDITION” 2WD  3,880,000円

●2.4Z “サイドリフトアップシート装着車” 2WD  3,508,000円

●3.5V “PREMIUM SEAT EDITION” 2WD  4,920,000円

●3.5V “L EDITION” 2WD  4,620,000円

●3.5V “サイドリフトアップシート装着車” 2WD  4,146,000円

●2.4V “サイドリフトアップシート装着車” 2WD  3,784,000円

●2.4X “サイドリフトアップシート装着車” 2WD  3,175,000円

●ハイブリッド ZR “PREMIUM SEAT EDITION”  5,950,000円

●ハイブリッド ZR “G EDITION”  5,650,000円

●ハイブリッド V  4,400,000円

●ハイブリッド X  3,950,000円

消費税込のメーカー希望小売価格です。 北海道地区、沖縄地区は値段が違います。 ヴェルファイアすべてのグレードではなく、抜粋しています。

ヴェルファイア(トヨタ)値引きの実例

※価格.comの情報です。 これだけの金額値切れた人がいたということで、 自分が交渉する際の目安にしてください。

値段が高めの車種だからでしょうか、 車両値引き額が4,50万円という方がたくさんいます。 最高で70万円という方もいましたが、 0円という方もいます。

値引きが0円という方は、 多分お金を持ってる人なんでしょう。 普通の人なら少しでも安いほうがいいに決まっています。 高い車ほど値切りやすいもの。 ディーラーさんときっちり交渉したいところです。

>>ヴェルファイア(トヨタ)をさらに大幅に値切る交渉術はコチラ

ヴェルファイア(トヨタ)名前の由来

VELLFIRE ヴェルファイアの意味は知っているでしょうか、 昔、velfarre ヴェルファーレなんてディスコのような場所がありましたが、 もちろん一切関係ありません。

VELLFIRE ヴェルファイアとは、 英語の「Velvet」ヴェルヴェットと、 「Fire」ファイアを組み合わせた造語です。 Velvetが物静かなという意味、 Fireが情熱という意味なので、 ヴェルファイアは、物静かな情熱、 クールな情熱を持つクルマということになります。

説明を聞くとなるほどという感じですが、 ほとんどの人はこのことを知りません。 車の名前で1番大事なのは、音の響きでしょう。 ヴェルファイアという名前だけで、 何かすごくスタイリッシュで、カッコイイ車な気がします。

ちなみに、velfarre ヴェルファーレの方は、 「ヴェルサーチ」「フェラーリ」「アルマーニ」 を混ぜた造語だったようです。 ブランド名の造語。 そう考えるとこっちは、ちょっと品がないような…。

ヴェルファイア(トヨタ)のエンジン】

●V6 3.5L 2GR-FE Dual VVT-iエンジン

燃料消費率  9.3km/L

総排気量  3.456L

最高出力(ネット)  206kW[280PS]/6,200r.p.m.

最大トルク(ネット)  344N・m[35.1kgf・m]/4,700r.p.m.

クラス世界トップレベルの運動性能を実現するために 開発されたV6 3.5Lエンジン。 軽量化、吸排気システムの最適形状化、 運転状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御する Dual VVT-i。 吸気系はACIS(可変吸気システム)。 大幅な燃費向上を実現しています。 ●2.4L 2AZ-FE VVT-iエンジン

燃料消費率  11.2km/L

総排気量  2.362L

最高出力(ネット)  125kW[170PS]/6,000r.p.m.

最大トルク(ネット)  224N・m[22.8kgf・m]/4,000r.p.m.

ゆとりのパワーの2.4Lエンジン。 バランスシャフトの最適化などによって静粛性を追求。 エンジン各部の軽量化、 徹底した摩擦ロスの低減などにより 低燃費を実現しています。

エンジンというと普段あまり目の触れない部分。 車の進化は、他の機能に目がいきがちですが、 燃費や排出ガスなど きっちりエンジンも進化しています。 まぁエンジンがなければ、車は動かないわけで、 いってみれば、すべての大元。 1番重要な部分なのかもしれませんね。

ヴェルファイア(トヨタ)のレーンキーピングアシスト

VELLFIRE ヴェルファイアには、予防安全の機能がいろいろありますが、 その中にレーンキーピングアシスト(LKA)と呼ばれるものがあります。

高速道路などを運転している時に、 道路の白線や黄線をカメラで認識して、車線に沿った走行ができるよう、 ステアリング操作をサポートしてくれるものです。

車線逸脱警報機能と車線維持支援機能があります。 車線逸脱警報機能の方は、 車線逸脱が予測されるとブザーとディスプレイ表示、 短い時間加えられる小さな操舵力で ドライバーに注意をうながす機能。 車線維持支援機能の方は、 車線中央付近を走行しやすいように 小さな操舵力で連続的に制御する機能です。

あくまでサポートの機能で、 車線内完全自動走行というわけでは、ありませんが、 随分心の負担が減るんじゃないでしょうか。 ここまで技術が進化していれば、 もう完全自動走行の日も近いでしょう。

ただそれは、ちょっと怖い部分もあります。 運転手がいないということは、 完全に機械に自分の命を預けることになるからです。 便利な反面、危険も増す。 万が一事故がおこった場合の 責任の所在はどうなるのでしょう。 メーカー側も責任をおいきれない部分もあるでしょう。 仮に完全自動走行の車が完成しても ご使用は、本人の責任でとかになりそうですね。

ヴェルファイア(トヨタ)のユーティリティ、居住性

・エグゼクティブパワーシート

・運転席オートスライドアウェイ

・快適温熱シート(運転席・助手席)

・フロントパワーシート

・ハイブリッドコンソールボックス

・折りたたみ式サイドテーブル

(木目調、カップホルダー2個付)

・ツインムーンルーフ(挟み込み防止機能付)

・「ナノイー」

・横スライド&超ロングスライド機構

・ボトルホルダー+トレイ+サイドボックス

・ラゲージサイドボックス

・5分割スペースアップサードシート

などなど ヴェルファイアは、ユーティリティ、居住性についても いろいろと考えられています。

人生の時間の何パーセントかは、 車の中で過ごしているわけです。 車に乗る時間が長い人ほど、 快適に過ごせる空間にしたいもの。 ヴェルファイアはそのへんも万全といった感じでしょうか。

運転席と助手席にヒーターが配置してあるのは、 寒がりな人には、嬉しいところ。 冬場はもちろんですが、 夏の冷房時に肩や腰を部分的に温めることができます。

ヒーターとクーラーを同時に使うのは、 なんかものすごくぜいたくな気がしますけどね。

>>ヴェルファイア(トヨタ)をさらに大幅に値切る交渉術はコチラ

メニュー

【新車値引き相場価格はいくら?】限界の値引き額を引き出す交渉術も解説

トヨタの車種別値引き額情報

プリウスアクアカローラヴィッツクラウンヴェルファイアSPADE スペイドPASSO パッソVOXY ヴォクシーアルファードPorte ポルテエスティマNOAH ノアSAIWISH ウィッシュラクティスSIENTA シエンタ

ホンダの車種別値引き額情報

FIT フィットFreed フリードステップワゴンN BOXN-ONE エヌワンアコードオデッセイ

日産の車種別値引き額情報

NOTE ノートSERENA セレナDAYZ デイズMOCO モコエクストレイル

ダイハツの車種別値引き額情報

MOVE ムーヴMira ミラTanTo タント

スズキの車種別値引き額情報

ワゴンRSpacia スペーシアALTO アルトSWIFT スイフトSOLIO ソリオ

三菱の車種別値引き額情報

eK イーケイ

スバルの車種別値引き額情報

インプレッサフォレスター

マツダの車種別値引き額情報

DEMIO デミオCX-5AXELA アクセラ

車に関するコラム♪

自動車登録台数・軽自動車比率が全国一位の県はどこ?買い換えるとしたら新車、中古車どちら?中古車を高く売るためのチェックポイント下取りで車を売る時の価格アップ方法事故者でも買取に出せば値段が付く可能性が中古車の高値売却を考えて車の購入を考える中古車売却する場合に気を付けておきたいこと販売力がある会社で車買取してもらう

クレカで公共料金の支払い